FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年7月・カリフォルニア州司法試験結果・7月試験では最低の合格率
日本時間でいうと本日2018/11/17、July 2018のカリフォルニア州司法試験の合格発表がありました。
合格された方、本当におめでとうございます。
うまく行かなかった方、大変残念ですが、しかし、是非次を目指していただければと思います。
自分自身、失敗を重ねた中で学んだこと、獲得した人脈もあります。昨年の発表からもう1年経ったのかと驚きますね。

詳細情報は来週にも更新されますが、速報リリースは、カリフォルニア州弁護士会のウェブサイトをご確認ください。
State Bar Releases July 2018 Bar Exam Results
受験完了者数8071人、合格者3284人、合格率40.7%は、7月試験では過去最低とのこと。
2017年7月土は49.6%でしたから、9%近く合格率が下がっています。
First-timerは合格率55.0%、Repeaterは16.0%です。再受験者だけでなく初回受験者にもなかなか厳しい数字です。

7月試験の受験者数は、毎年8000〜9000人の間で、昔は、アメリカの中では一番むずかしいと言われるけれども、50%〜60%は合格すると言われていました。

近年は40%台で、今年かなり下がってしまったことに、弁護士会も危機感を覚えているようです。
上記URLをご確認いただければよいですが、カリフォルニア州の司法試験データのリリースであるのに、
・NCBEによればMBEの合格ラインが34年間で一番低かった
・テキサス州の合格率が昨年比7%減だった
・ニューヨーク州の合格率が昨年比5%減だった
という情報を冒頭に並べており、NCBEや他州の合格率について言及するのは私が知る限り初めてではないかと思います。
この合格率低下傾向についてどのような原因があり、どのように対処すべきかについて、これまでにも調査研究は実施されてきましたが、新たに”California Attorney Job Analysis Study”をスタートさせると記載されています。
登録時点レベルの弁護士に要求される知識や技術について情報を収集することが目的だといいます。
司法試験の結果を受けてこれだけ色々と検討が進むということは、弁護士会としてもその結果を深刻に受け止めているということかもしれません。

カリフォルニア州は、全米で唯一、海外弁護士資格者の飛び込み受験を許容しています。
州自体の性格としても、オープンでリベラルですから、その政策はなんとなく理解できる部分があります。
受験者数が多く、様々な層が受けているので、合格率が低いということ自体どうこう言うべきではないでしょう。ただ、例えば、MBEの合格レベルスコア(Mean Scaled Score)は、全米平均1395に対して1404ですから、やはり合格ラインが他より高いことに間違いはありません。

さて、統計は統計として、受験者の方の関心は自分が合格するかどうかです。
司法試験委員会としては、合格基準をそれほど高くしたという考えはないのではないかと思います。これは一昨年にも言われていたことで、現地のロースクールからは激しく非難され、既存の弁護士や受験者にアンケートが実施される等、ちょっとした問題になっていました。
何をするべきかは単純で、50%のMBEと50%のWriting (Essay5問とPT1問)で合格ラインを超えることです。
その水準自体は、決して到達できないレベルではありません。
あとは、制限時間と戦いながら、マークシート方式が得意か、問題文を読んで検討して論述するほうが得意かで、ある程度戦略を立てて、合格できるプランを練ることだと思います。

日本の受験制度に馴染みがある方は、読み書きではどうしても語学のハンデがあるので、MBEでハイスコアを狙うのが得策ではないかと、私は考えています。論文式と違って、出題様式に大きな変化はありませんし、出題科目・分野は厳しくバランスが管理され、準備段階での所要時間や正答率が本番と大きく変わらないので、準備した成果がある程度期待できるからです。
論文式は、日本でも同じですが、やはり出題分野によって得意不得意があります。どの科目が出題されるか、どの分野が出題されるかで、正直って有利不利はあります。
私自身、日本の司法試験でも、アメリカの司法試験でも、合格できた年は、やや準備ができていたところが出題されて、アドバンテージが得られた部分があります。しかし、おそらくラッキーパンチが打てるかどうかはプラス何点の話で、基礎体力がなければパスできるものではありません。
特にカリフォルニア州の司法試験は、過去問が充実しています。Essayはほとんど論点が出尽くしていますし、3日から2日に受験日数が変わったことで、2つの出題傾向が顕著になっています。
Essay1問の中で複数科目が問われること、証拠法・民事訴訟法・弁護士倫理の分野で連邦や全米のルールとカリフォルニア州特有の部分の差異がある部分が頻出であることです。
言葉のハンデにしても、その人なりの水準というのは、一定量を何分で読んで理解できるか、何Wordをタイピングできるかも、事前に測定できます。
それら試験本番で要求される知識技術を具体的に想定した上で、自分なりの戦略を模索しながら、合格ラインを突破す確率が高める、それだけです。

私はこういうブログを書いていたりすることもあり、多くの方から勉強方法や、具体的な教材の質問を受けますが、結局その方の個性にフィットするのが一番ですから、あくまで参考程度に聞いていただくほうが良いと思います。
例えば、私はセンター試験が必要な国立大学を受験して卒業し、日本の旧司法試験を合格したといった受験経験があり、日本法弁護士として事務所を経営し、家族を持ちながら学習する必要がありました。
時間が極めて限られていたので、受験の年数も長くなりがちですし、やれることが限られていました。アフター5という概念もないですから、睡眠時間を削って平日に1時間、2時間を勉強に当てられれば御の字でした。
ですから、講義を聴いて、ノートを作って、問題を解いて、模擬試験を受験して、といった典型的な手法は取れませんでした。その代り、MBEは早いうちから解きはじめてある程度の段階で合格レベルに到達する自信は得られました。あとは、過去問だけを教材に、徹底的に研究して、出題意図を把握することと、読むことと英文タイミングのスピードを上げること、それだけに集中しました。

何を申し上げたいかというと、人それぞれやり方は何通りもあるということです。
そしてろくに勉強時間も取れない私のような人間でも、十分合格できるということ、それだけは自信を持っていただきたいと思うのです。
ただ、多くのご相談を受けていますと、問題文に臨む基本的な姿勢や、回答の進め方に誤解がある方が相当数いらっしゃるように思いますから、その点の修正には、助言ができるかと思います。

資格だけ取得して何ができるか、それはその人の考え方次第です。しかし、少なくとも今の日本のリーガルマーケットで、弁護士以外の方がカリフォルニア州弁護士資格を得ることは確実にキャリアアップの可能性を高めます。
企業内弁護士の方は、選択肢が広がり、転職の際の付加価値になります。
日本法弁護士の方も、やりようによってではありますが、仕事の幅や新しいチャンスが広がります。
是非、志望動機を明確にされて、努力をひたすら続けて、出来るだけ早く合格されるよう祈っております。
ブログのメッセージがなかなか拝見できないので、ご質問がある方は、当事務所の電子メールか(www.maelaw.jp)、Facebook(naoki.maekawa)経由ででもお問い合わせください。
スポンサーサイト
2018年7月試験MBEスコアの低下
新規開業初年度、夏休みもなくしっかりマイペースに働いてきましたので、休みボケもなく、夏バテもなく、快調に働いていますが、なかなか仕事の中身に触れにくく、必然的に米国司法試験ネタに偏りがちであることはご容赦ください。

さて、2018年7月試験を受験された皆様、お疲れ様でした。
留学中の方も、またAttorney applicantその他の資格で飛び込み受験の方も、またどの州のBar Examを受験された方も、異国の地で外国語で試験を受けるというそのチャレンジに拍手を送りたいと思います。
カリフォルニア州司法試験が2日制になって3回目、ちょうど私が受験してからも1年以上経過します。
得点構成がMBEとEssay+PTで50:50になったことから、MBEの合格に占める重要性は、今まで以上に高まっています。

試験実施機関である全米司法試験協会(NCBE)がJuly 2018のMBEに関する数値を発表しています。以下URLを引用しておきます。
July 2018 Average MBE Scores Decrease

これによると、Scaled Scoreは昨年2017年7月より2.2ポイント下がったとのことです。
確かに昨年は、今思い起こしても問題は易しくなったという実感があります。それは直前の2017年2月度があまりに難しくなった反動でもあったのではないかと思います。
ただ、それにしても、このScaled Scoreは、34年ぶりくらいに低いそうです。MBEのスコアを巡っては、問題が難しすぎるのだよというロースクール側と、いや受験生の教育レベルが低くなっているのだよという試験委員会の舌戦が繰り広げられるのですが、ちょっとこの落ち込みは深刻かもしれません。

というのも、あくまで全米ではありますが、受験者が2.9%減少しているからです。2014年と比較すると51,005人から45,274人に激減しています。
人数が減って、平均値が下がるというその現象をどう捉えるべきか。
もちろん詳細な分析が出来る訳ではありませんが、その意味するところを理解するのは、さほど難しくはないかもしれません。ロースクールの経営は、洋の東西を問わず、なかなか厳しいのだろうと思います。

さて、日本人の受験者にとっての良し悪しも、一概には言えませんが、試験制度からして、マークシート式の受験に慣れている人たちにとっては、MBEの難化は歓迎すべきことだと思います。それだけ差をつけやすいと思われるからです。
また、実際に受験した皆さんで、もしMBEの出来が芳しくないと思われたとしても、全体が難しくなって点数が落ちているので、それほど落ち込まなくて良いという客観的な材料にもなります。もちろん、再度受験しなくて済むのが一番ですが、やはり万一のときに備えて準備を続けなければならないというと、そのモチベーション維持は重要だと思いますから、少しでも気持ちが楽になるのが良いに決まっていますよね。
そしてもし受験者層のレベルがNCBEのいうように低下しているなら、それもやはりプラスに捉えることができるでしょう。
統計数値はポジティブに利用しながら、日々の学習や生活に生かしていきたいものです。

最後に、このブログを通じて受験仲間も増え、現在でも質問を多数承りますので参考までに学習に当たっての要点を振り返ってみます。
一定の時間以内に、英文で書かれた問題を読んで、4つの選択肢の中から正答を選ぶのがMBEです。
第一に、必要な知識を要領よく習得すること。これによって正答が選べるのは勿論、問題を読み、選択肢を切る速さが高まります。
第二に、英文を読んで理解できる速度を上げること。日頃から語彙を増やすために英文記事を読んだり、CNNやBBCといったニュースを聞くようにするのも一つですが、一つ思うのは、MBE特有の速度があるということです。問題となる事例はパターンがあります。そして、問題文はすべての単語が均等に重要ではなく、正答を選ぶ(あるいは不正解の選択肢を外す)鍵となる文章、ワードを見つけられれば良いです。ですから、問題を繰り返し読んで解くことが大事だと思います。
第三に、試験の定石ですが、過去問をやることです。予備校が用意した問題もやったことはありますが、やはり問題の品質や癖のようなものは、過去問に勝るものはないと思っています。
遠方の受験生でも、オンラインでAdaptibarというプログラムがあります。メインプログラムは、オンラインで1問ずつ問題が出題されるというサービスですが、これのオプションである講義は比較的良心的な価格設定で、7科目すべてを一人の先生が試験合格に必要最小限で教えてくれます。

もう一つ、MBE固有の対策本で一番有用だったのが何かと問われれば、以下の本が一択です。

Strategies & Tactics for the MBE 5th Edition (Emanuel Bar Review) (Paperback) - Common
本の構成は、MBE全体に通じる傾向や対策、科目ごとの大まかな注意点や良くある引っ掛け方、またMBEを解く上で特に重要な概念、知識が整理されています。注意を要するのは、教科書やノートのように全科目の全範囲が網羅されているわけではないということです。
それを前提に、私は過去問については基本的にAdaptibarを中心としつつ、科目解説やMBE全体の解法、テクニックの類は、この本を読んで何度も理解しようと努めました。極端な例では、問題文を読まないでも、Callと選択肢だけで正答が導けるということがあります。なんだか大学入試センター試験のような感じですが、それで1分、2分セーブできるというのは、それだけで心の余裕ができるものだと思います。
少々お高いですが、Kindle版も出ていますし、ご参考までに情報提供です。

全米の平均点が下がったといっても、Caiforniaの試験におけるScaled Scoreはまた別です。これも下がるとは思いますが、受験者層のレベルが比較的高く、合格ラインに達するScaled Scoreは全米より高い水準です。
全体がどのレベルであるのか、については受験者がコントロールできることではありませんから、情報は入手しながら(特に試験範囲の変更がある場合は、要注意です)やるべきことを淡々とこなすことだと思います。特に英語にハンデを感じている人は、Writingに苦手意識が出やすいので、そういうときこそMBEのハイスコアを狙って、時間を多く割いていただいたら良いと思います。
英語の運用能力が高く、読み書きのスピード・正確性に問題がない方を除き、日本人受験生はMBEで得点を稼ぐことをお勧めします。

7月受験されたお知り合いもたくさんいらっしゃいます。皆様が望む結果になることを、心より祈っています。
第71期司法修習生・第69〜70期弁護士採用活動・終了のお知らせ
当事務所での新人弁護士さんの採用活動は、内定者を決定し、終了いたしました。
ご興味を持って応募いただいた皆様、ありがとうございました。
すべての司法修習生がご自身の希望する道に進めることを、強く祈っております。

私たちとしては、ご縁にも恵まれましたので、新人が合流してくれるまで所員一同、これまで以上に業務に専心して、良い状態で新しいメンバーを迎え入れられるよう頑張ります。
プロの仕事〜サッカー日本代表・ポーランド戦での判断
サッカーのロシアワールドカップ、日本チームは無事にグループリーグを2位で突破しました。

昨晩の代表戦、もう一つのセネガル・コロンビア戦を観察しながら、スコアが動かなければ警告の枚数で少ない日本が勝ち進むことができる状況で、監督が選手に指示をしてパス回しをして時間を潰し、結果予想どおりスコアは動かず2位を獲得したとのこと。
私は試合を見てないのでなんとも言いようがないのですが、試合後に色々言われているようですけどね。ただ、リスクをとってパス回しをしたことに対して、スリリングな試合を目指すべきだ、恥ずべきだと批判するのは、ちょっと違うと思うのです。プロの仕事というものを勘違いしているし、単なるラッキーじゃないってことを理解していない。

大前提として、試合を会場で見ていた人たちは、時間とお金をかけて楽しみにして行っているわけで、怒っていいと思います。その場で10分も退屈なパス回しを見せられたら、腹を立てる理由は正当にあると思います。それはシンプルに自分の体験として、不満足でしょう。

その他の「評論」をしている多くの人たちは、おそらく攻め上がる試合の面白さ、サッカーとしての美しさが、必ずゴール獲得と試合の勝利とセットで実現できることが前提となっていると思います。素人だろうが解説者だろうが、結局は同じことを前提としています。攻め上がって美しく勝てたはずだと。
監督・コーチ・スタッフ・選手全員、プロとして国の代表としての挟持をもってロシアで戦っています。内容どうこうより、まずは結果を獲得すべきなのは、プロの仕事で当然のことです。それに対して報酬をもらっているのですから。反則等まったくしていないし、むしろ周到に準備をしたことを、手放しで称賛するべきじゃないかと思います。

セネガル・コロンビアの試合より日本のほうが先に進んでいたというじゃないですか。セネガルが一点でも取ったら直ちに敗退であったわけで、日本はリスクを取ったのです。セネガルの試合を分析して残り時間でセネガルがスコアを取る確率を冷静に判断しなければならない。それをやった日本のアナリストや監督の情報収集力、判断力を褒めるべきです。

他ならぬピッチ上の選手はゴールに向かわないというプレイをしたくなかっただろうし、そういう指示を出す監督も断腸の思いだったでしょう。彼も選手だったことはあり、準備の過程でどれほど皆がゴールに飢えているか分かっていて、また優秀で技術があると信頼していたからこそ、ただ後ろでパスを回せ、カードはもらうなという一見するととてもツマラナイ指示を出すのは辛いことです。
それを会場のブーイングの中で、また後に控えているであろう批評家たちからの非難に耐えて、プロとしての仕事に集中して実行したことは、賞賛に値すると思います。

こんな試合子どもたちに見せられないとか、日本の将来にとって良くないやり方だというのは勝手です。しかし、子どもたちには、そのプレイの持つ意味を大人がきちんと説明することで、教育効果は十分にあるのではないですか。試合に勝つにはルールを熟知すること、試合で起こりうるあらゆる可能性に準備した上で、試合中に感情的になっていても目的を達せられるようにコントロールするにはどうしたらいいか、そういった処世術にもつながることを学ぶ良い機会だといえるでしょう。
日本サッカーの将来にとっての価値についても、グループリーグで「美しく」敗退するのと、泥をすすってトーナメントで強豪と本当の真剣勝負をするのと、どちらに価値があるでしょうね。

勝利、引き分けと来て、ポーランドが敗退決定していたので、まるで勝てるような気になっていたのでしょうが、FIFAランク8位、かたや日本は61位です。ランキングだけで強弱は測れないかもしれないが、ポーランドはスペインより上、フランスの次です。敗退が決まっているからといって手を抜くわけではないし、手を抜いたってそれでも日本より強いでしょう。試合で攻めるということは、守りが手薄になるってことです。ヨーロッパの強豪相手に、後半10分15分でどういうことが起こるか、ピッチに立っている皆が一番わかっていたのではないでしょうか。

むしろ、日本がルールを見ながら試合をこんなふうにコントロールできるポジションにいられたということを楽しんで、興味をもって観察するべきでしょう。
ハリルホジッチが直前で解任されたとき、みんなどう言っていたでしょうか。グループリーグを通過できることをどれほどの確率で皆が予想していたでしょうか。こういう「姑息な」判断によってグループリーグを勝ち進むことができるポジションにいるのは、むしろ幸せなことであるし、日本のサッカーの経験値としても大変貴重な出来事ではないでしょうか。

おかげで、最初の2試合で疲労した選手が回復することもできました。控えだった選手もきちんと試合に出て、できることできないこと、肌身に体験できています。
この先の結果などわかりませんが、チーム全体としてとても良い成果が得られたのではないか、そう思います。

サッカーの日本代表と比べるのはおこがましいですけれど、弁護士だって冷徹に結果を追い求めるべき仕事です。たとえ証人尋問がどれだけ鮮やかに見えても、どれだけ素晴らしい筆致で多くの文書を提出したとしても、完全敗訴の判決ならクライアントに満足してもらえないでしょう。負けないようにルールの中でいろんな手を尽くす。判決前に和解に応じるかどうかも含めて、ポーランド戦のパス回しと同じような判断をしなければならない。姑息に見えるそのパス回しを、他の人間がどう評価するかなんてことを気にしてはいけないのだと思います。ルールを守り、倫理に反しない限り、結果を目指して自分をコントロールするということは、美しい姿だと思います。その上で、そういうギリギリの策に出なくて済むようにするために、次に備えて学習し新たな対策を講じる、それによって少しずつ成長ができるのだろうと思います。

そんなふうに彼らの仕事を見たほうが意味があると思います。私は、国家や政治については強く批判してもいいと思っていますが、それ以外の事柄については、基本的にポジティブに捉えるようにしたいと思います。
次戦はいよいよベスト16、ベルギーとの試合です。勝ち進んでもブラジル、ポルトガルが出てくる可能性があり、とんでもなく高い山に見えますが、高ければ高いほど挑む価値がある。是非選手・監督ともベストなコンディションでベストな結果が得られるよう期待しています。


第71期司法修習生・第69〜70期弁護士採用のお知らせ
当事務所では、新しい弁護士を採用し、クライアントに向けてより良いサービスを提供したいと希望しております。
ついては以下のとおり求人情報を掲載致しますので、関心をお持ちの方は、記載したとおりの方法で応募いただければ幸いです。
なお、語学については、初歩的な英語の読み書きや会話ができること、外国人の方とのコミュニケーションに積極的な姿勢は望ましいですが、現時点で流暢であることまでは求めません。私たちと楽しく、協調して仕事していただける方を重視します。

【事務所情報】
事務所名 Maekawa国際法律事務所
所属弁護士会 大阪
住所 541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3-1-10 オーセンティック淀屋橋102号
事務所HPアドレス Maekawa国際法律事務所-Website
担当者  前川直輝 登録番号 28620
電話番号 06-6123-7716 FAX番号 06-6224-0238
メールアドレス naokim (a) maelaw.jp ※(a)はアットマークに置き換えてください。

弁護士数 2名   男性:2名   女性:名  
パートナー 修習期:54期   男性:1名   女性:名  
アソシエイト修習期:68期   男性:1名   女性:名  
事務職員数 2名

【取扱事件】
契約法・商取引
債権保全・債権回収
交通事故 離婚・親権(親子関係を含む。)
遺言・相続 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 国際的家事・相続
会社法一般(株主総会・企業の社会的責任(CSR)・その他会社経営一般)
M&A・企業再編
土壌汚染・廃棄物処理等環境汚染に係る問題
法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。)
商標法 不正競争防止法 著作権法
IT関連紛争
国際的商取引 外国法関連
国籍・ビザ・出入国
一般刑事

その他取扱事件の特色等
金融機関や中小企業を中心とする顧問先の相談・紛争代理、損害保険会社関連の業務、外国企業・外国人からの相談業務や交渉代理(英語による)

【執務条件】
執務日 月〜一部土
勤務時間 その他 9時〜18時を基礎として自主性に委ねる。
休暇 夏期休暇:応相談 冬期休暇:応相談
出産休暇:法定どおり 育児休暇:法定どおり

個人事件の受任 受任 可
受任時の設備使用 可
受任時の経費分担 分担あり
弁護団事件 可

事務所アピール・特色・将来像・求める人材等
2018年3月開設の新しい事務所、パートナーは米国カリフォルニア州弁護士登録。既存企業からの依頼に加え、国内外の外国企業の相談業務が増加中。弁護士として基礎的技能を重視、事務所メンバーと協調して事務所を発展させられる方、基礎的な英会話ができることが望ましい。

[修習生向け求人]
採用予定人数 1名
修習期 69期 70期 71期
待遇 給与制
弁護士会費の事務所負担 なし
その他条件 交通費事務所負担。5年を目処にパートナーシップ契約を申し込む場合がある。
個人受任案件(国選・法律扶助除く)の報酬金のうち経費負担あり。
重点選考項目 協調性・語学力

【応募方法・問い合わせ方法】 必要書類の郵送 (事務所住所と同じ )
必要書類等 履歴書(書式自由) 成績表(大学・大学院) 成績表(司法試験)
その他 採用担当宛、封筒に履歴書在中と明記。メールアドレス、当事務所への志望動機と英語に関する能力・経験に言及していただきたい。
選考方法 応募者の中から書類選考、事務所から面接対象者に対して面接日時等を電子メールにて案内します。面接時に一定範囲で交通費負担あります。面接後、採否の連絡をします。提出いただいた書類は返却しません。

[弁護士向け求人]
採用予定人数 1名(69期〜70期の方を想定しています)
採用予定者の弁護士経験年数 1年以上3年未満 1名
応募資格 得意分野 不問
語学能力 基礎的な英会話力があることを希望します。
待遇 給与 給与制
弁護士会費の事務所負担 なし
その他条件 交通費事務所負担。弁護士経験5年を目処にパートナーシップ契約を申し込む場合がある。
個人受任案件(国選・法律扶助除く)の報酬金のうち経費負担あり。

【応募方法・問い合わせ方法】 必要書類の郵送
必要書類等 履歴書(書式自由) 成績表(大学・大学院) 成績表(司法試験) その他 採用担当宛、封筒に履歴書在中と明記。メールアドレス、当事務所への志望動機と英語に関する能力・経験に言及していただきたい。
選考方法 応募者の中から書類選考、事務所から面接対象者に対して面接日時等を電子メールにて案内します。面接時に一定範囲で交通費負担あります。面接後、採否の連絡をします。提出いただいた書類は返却しません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。