FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog 2008年10月
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

事件の解決と新規の依頼
9月は何だか、色々と事案が解決していく月でした。
思いの外ご理解をいただいて示談できたり、裁判でも和解が成立したり。
第一審で敗訴したのに、控訴したら逆転して完全勝訴になった件もありました。
なかなか結論が変わることがないだけに、大変嬉しいです。

ともあれ、いろんな事件それぞれに、当事者がおり、弁護士に依頼をした、事件が未だ解決しないという状況をかかえているのは、会社も個人もストレスですし、負担だと思います。
それが、結論は様々ですが、終了していくというのは、成果ももちろん大事ですが、解決するということ自体にも大変意味があることだと実感します。

そして、解決をして事件が終了していくと、これまた不思議なことに、新規のご依頼が舞い込んでくるんですね。いつも不思議だなぁと思います。同じ依頼者なら、この弁護士が忙しいとか、頼んでいる案件の数がどうとか調整もきくのですけれど、全然違う引き合いがあったりするものですから、おもしろいなと思うのです。
ばたばたと忙しくしつつ、停滞しているのでは何となく運気も滞留するけれど、処理が進捗していくのであれば、自然と色々な縁、巡り会いとフィットして、出し入れの均衡がとれていくということなのでしょうかね。

よく、弁護士は社会生活上の医者だと言われます。
解決するということは、病気が治るのと同じ意味あいで、
社会関係上のトラブルが収束するということです。
弁護士の存在価値は、依頼者を助けるという点が第一ですが、結果として社会全体としてももめ事を減らしていける、そういう立場にいるんだという点にもあるのだと思います。