FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog 2012年11月
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関の認定を受けました。
すっかり更新の間があいてしまっていますが、私は元気でやってますし、勉強もそれなりに頑張ってます。
何とか月内に、記事をあげておきます。

今月の個人的菜ニュースとしては、中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関に平成24年11月5日付けで認定していただいたことがあります。

中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関 認定一覧(平成24年11月5日認定分)

こういう法制度、資格のようなものは、やたら名前が長く、漢字も多く、分かりにくいので困ってしまいますね。
できるだけ平たく言うと、中小企業の経営力を強化しましょう、それを国として支援しますねという法律があります。ただ、国が整備できるのは融資の仕組みなどであって、個別の企業の、具体的な取引案件について一々口出しをすることはできないわけです。

そこで、企業経営において課題を持っている会社には、事業内容を分析して戦略を打ち立てたり、特に海外への進出を検討する企業に対しては、融資や現地での法務リスク対応等、様々な要素について、いろんな分野の専門家のアドバイスが受けられる体制にしなければ、社長さんたちに頑張ってね、というだけでは絵に書いた餅です。

そこで、弁護士、税理士、公認会計士等の専門家に対して、経営課題の解決や海外進出のサポートに協力してもらうとともに、各専門家の分野を横断して協力しあえる仕組みを作ろうというのが、今回の「認定機関」の制度だということだと理解しています。

私自身は、従前からブログでも書いているように、英語を使い、海外取引関係の契約をチェックしたり、取引上のリスクを分析したり、場合によっては(そう多くはないですが)依頼者とともに現地や日本で交渉に同行し、取引相手とやりとりする、といった活動をしてきました。
内需拡大が見込めないといいながら、実はニッチな需要は沢山あると信じますが、そうはいっても人口も縮小傾向であり、交通・通信網が国境の壁を感じなくてすむくらいに発達した現在、海外との取引(合弁、業務提携、販売代理店契約など)なしには、中小企業の製品・サービス展開が見込めません。

私自身のクライアントには、大きな規模の会社もありますが、大半は中小企業ですが、近時は海外との接点が増えてきて、海外取引・国際契約に関するご相談・ご依頼が増えてきつつあります。また、逆に海外の方から日本での事業を進めたいというご相談も少しずついただいています。

一つ気になるのは、こういう話になると口利きをしてあげるという人が往々にして出てくることです。そういう人に多額のフィーを払って、最後の最後で責任をとってもらえない、というトラブルも散見されます。弁護士だから何でもできるわけではないですし、ファイナンスや、事業の戦略定立などはそれぞれ別の適任者がいることもしばしばですが、弁護士が事業全体を見渡せる数少ない業種であることは確かです。

自分自身も、せっかく英語や海外法を学んでいますので、気軽にご相談いただいて、一つずつ不安を取り除いていければいいなと願っています。
国政は混沌としていますが、我が国には素晴らしい技術や、優れた能力を持った人たちが沢山あると思いますから、それを世界にアピールしていきたいものですね。

そういえば、今回の認定を受ける申請の際に、認定機関にはしっかりとした財務基盤がないといけないということなのでしょう、過去の決算書・申告書類を提出せよと指示があったので、あらためて整理して提出をしました。
経産省・近畿産業局からダメだしされるような収支状況でなかったということですが、自分なりに振り返って、それなりには頑張ってきたのかもしれないなぁと、数字をみながら思ったものです。
我が業界は、新規参入者の増加、就職活動の困難、続発する不祥事など、良いニュースを探すのが難しいほどですが、やはり真面目にコツコツと、目の前の事件を大切にし、人々に敬意を払い、実直に仕事を進めていれば、いろんな縁が巡るものだと感じます。
まもなく新しい弁護士が参加してくれることですし、自分の良さは磨きつつ、至らぬ点は優秀な仲間と連携しながら、自分で納得の行く高いレベルのサービスを提供していきたいですね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。