FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog 2015年04月
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

電話勧誘の変化と弁護士業界
今日は4月1日。真新しいスーツに身を包んだり、新しいカバンを持って緊張した面持ちで電車に乗る会社員、学生さんをたくさん目にしました。弁護士の場合、複数の支店を持つ弁護士法人だったり、任官・転職しない限り、異動はないですから、風景を見て季節の移り変わりを感じているところです。

さて、今日は、うちだけですかね、やたらと広告宣伝サービスのテレアポが入りました。皆、ホームページがあることを確認して電話していると言うのですが、よほど当所のHPが貧相なのか、はたまた儲かっていない雰囲気を醸し出しているのでしょうか。離婚事件がどうの、相続がどうの、交通事故がどうの、より多くのお客様にサービスしたいというお気持ちはないですか、などと、サービストークを繰り広げるわけです。残念ながらHP経由で顧客を獲得したいというニーズは今の所ないですし、ニーズが個別に出たら自力でなんとかしますので、見当違いですよね。

今日の電話のいくつかは、スタッフをすっかり困惑させていました。なかなか電話を終わらせられなくて、表情が本当に困っていました。律儀に話を一通り聞こうとしてしまうので、テレアポはこうやって話を聞いてくれるというだけでカモだと思ってしまうから時間をかけているだけで対応としては良くないのだよ、とレクチャーした上で、代わりに電話口に出て、毅然と切電しました。もし営業を考えている人がいるなら、もっとふさわしいアグレッシブな事務所は他にありますから、うちには連絡してこないでくださいね。

自分が新人のころは、証券会社、不動産会社からの営業電話が山ほど入りました。最近はその種のDMが自宅住所に入ることはありますし、金融機関や不動産屋の個人情報管理はどうなっとるんだと腹も立ちますが、オフィスにそういう業界から連絡が入ることはありません。代わりに、法律事務所の広告宣伝勧誘が、電話・メールで山ほど入ります。彼らの方が時流や市場動向に鼻がきくわけで、ある意味、業界の動向を忠実に反映しているのかもしれないと思います。

金を持っている存在から、仕事がなくて困っている存在へ。これも国の政策の成れの果てですから、環境として認め、受け入れなければなりません。自分自身は、なぜお客さんが相談、依頼してくれて、なんとかご飯が食べていられるのかをきちんと見つめるように努力しています。正解があるわけではないですが、自分の業務分野ごとに、自分なりの売り出し方というのは、それなりに心得ているつもりです。だいたい、ホームページをいじったり効果的な宣伝をして大量に仕事を引き受ける、ということをしたいのか、身の丈にあった数のお客さんに良質のサービスを提供しようとするのか、といったビジネスの有様は、良し悪しではありませんから、各自が自己分析をしながら選択すべきことです。

ビジネスセンスはありませんが、自分が快いと思うことは自分にしかわからないわけですから、常に自分を見つめながら、変化を怖がることなく、自分に合った方法で仕事に邁進するだけだと信じます。年齢、経験如何を問わず、業界環境は厳しいですが、こういった業者の多くは顧客本位ではありませんから、お互いに注意して対応しましょうね。