FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog 経済の活性化~百貨店の変容
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

経済の活性化~百貨店の変容
今日は良い天気でした。
カーディガンを着て家を出たのですが、汗ばむくらいの陽気でした。

JR大阪駅に降り立ったら、すごい人の数。
不況だ、自粛だという世の中で、いくら連休中で良い天気だからって、何なんだと思ったら、JR大阪三越伊勢丹と、ラクアという商業施設が相次いで本日オープンだったようです。
昼前に通りかかりましたが、ものすごい人でした。

人の数が多すぎるのと、ヨドバシ梅田など他の施設に向かう導線とも共通で危険なのでしょう、入場制限を実施し、警備員が多数出ていました。
整理はされていましたが、ちょっと暑いくらいなのと、長蛇の列や人混みのストレスを感じたので、閉店間際に再訪しました。
あまり見て回る余裕はなかったですが、JR大阪の駅に沿って細長く、ワンフロアが大きい印象でした。
新しい店も多く、活気があり、明るい雰囲気で、みずみずしさを感じました。

大阪は、昔から大阪・梅田界隈のキタと、難波・心斎橋あたりのミナミとで文化・経済圏がわかれ、競い合うような状況でした。
キタには、大丸梅田、阪急、阪神があり、ミナミにはそごう、大丸、高島屋がありました。
他の店舗も、キタとミナミでは何となく雰囲気、テイストが違う様に感じられ、それぞれになかなか面白い感じがしています。

百貨店というと、私が子供のころは、それこそ正装して「きばって」出かける場所でした。
高級なお店が多く、たとえば入学式とか、受験合格とか、特別なイベントでもないと、連れて行ってもらえない場所というイメージでした。
売っている服なども単価が高いし、レストランもおいしい代わりに少し高めという感じで、たくさん頼もうとするとたしなめられるようなこともあったかな。
大人になって、仕事を始めて、一人で行くようになっても、ずっと緊張していたものです。

ところが、大型店舗も多様化し、特に経済がデフレに向かい、インターネットなどの技術が発達すると、百貨店そのものの価値が乏しくなってきます。大阪でここ数年のニュースは、そごう心斎橋店の民事再生申立で、現在は大丸心斎橋店として統合されています。
試しに日本百貨店協会の統計を見てみますと、近畿圏の百貨店の売上げは、2006年は2508億円だったのが、2010年は2089億円で、400億円以上減少しています。
ただでさえ限られたパイが、2割近くも縮小しているとなると、各社とも経営環境が厳しさを増すのは当たり前でしょう。

JR大阪の北側ヤードは近年再開発が進んでおり、経済の活性化を図ろうと取り組まれています。
5月4日の新装オープンは、このご時世に大変活気付いていいことだと思います。
しかし、先に述べたように、キタには既に3つも百貨店があるというのに、4つめ、5つめができたとして、どこまで枠が広がるのか、心配でもあります。
そして、不動産や人件費など固定経費が大きい業態なだけに、そごう心斎橋と同じように、倒産やそこまで至らないにしても合従連衡が進むのではないかと思います。
阪急と阪神は統合の方向性で、関西人にとっては本当に大丈夫かいな、と思うほどのなりふり構わない経営努力です(百貨店だけではないですけれども)。
結果資本力が強く、設備投資が続けられる強者が生き残る、という方向性なのか、そう考えると、JR大阪に直結する百貨店は、とんでもなく強みがあるのではないかと思うのですが、どうでしょうか。

人混みに圧倒されて、事務所に向かう途中、やや古いビルの並びではあるけれども、しっかりとした生地で作られていそうなテーラーなどを見かけました。こういうお店は、スケールメリット、価格競争で勝とうという方向性とは真逆だと思います。この店だからこそ得られる付加価値というものがあるのだろうと思います。

百貨店どうしや、百貨店と小規模店舗との競合を考えるとき、法律事務所も同じ状況だなという思いをつよくします。
1人、2人の弁護士が所属する事務所が過半の我が国ですが、徐々に合併、統合、解散といった問題が現実化しています。当事務所のような小規模事務所は、価格競争などでは勝てませんし、そこで勝とうというのでは長続きはしないでしょう。弁護士、法律事務所というものが何を売りにしているのか、信頼や、安心、納得といった目に見えない価値や、それを支える各弁護士やスタッフの人格というものに、魅力が宿るよう精進していきたいと思います。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinmeilaw.blog91.fc2.com/tb.php/461-dbdc3c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「光速」収益不動産投資成功法

手取り30万円の普通のサラリーマンが、たった5ヶ月でリタイアできた。収益アパート投資で設ける!不動産投資方法の極意をお教えします。 頭金0円でできる収益不動産投資成功法【2011/05/05 09:38】