FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog 節電と健康~無理はしないで
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

節電と健康~無理はしないで
九州では梅雨明けという話もありますが、とにかく暑い日が続きます。
週末は雨だという予報でしたが、結局それ以降雨が降っていません。
電気はないわ、水不足だわというのでは目も当てられませんので、適度に雨は降ってもらわないと困りますね。

さて、今年は原発問題から節電要請が電力会社・政府から出ています。
10%、15%という数字が出ていますが、それがどの程度なのか、考えないといけません。
雰囲気だけで、節約しなきゃ、というのは時として危険だと思うのです。

日本国内の電力消費量の中で、大半は産業部門が消費していますが、家庭でも4分の1程度を占めています。
消費電力が一番大きいとされているのはエアコンで、4分の1ほど。
続いて冷蔵庫と照明器具が16%、テレビが10%という順だそうです。

産業部門で節約、といっても、技術的な限界がありますし、今年の地震を受けてというタイミングではこの夏には間に合わないと見るのが穏当でしょう。
大手企業の中には週に何日かラインを止めるという話もありますが、中小企業がそんなことできるはずがありません。
ただし、省エネ対策は温暖化問題とも関連して今に始まったことではありませんから、従来から努力してきた企業は今後そのノウハウを他社と共有してもらいたいと思います。

我々が家庭や職場で努力できることはなんだろうか、というと、エアコンの温度設定を一度上げるとか、朝晩は窓を開けてエアコンを止めるとかいう感じでしょう。
やはり一番消費量が多いのがエアコンだそうですから、その稼働時間を半分にするだけで、10%を超える節電になるようです。
ただ、これには落とし穴があって、単純に節電すればいいという問題ではありません。無駄遣いやつけっぱなしは論外ですが、お子さんや病気の人、お年寄りといった身体の弱い人については、温度調節の負担も無視できません。ビニールハウスで作業中に熱射病になった、家庭でエアコンを我慢して止めていたら熱射病になって亡くなった、という事例はあとを絶ちません。
節電というのはできる範囲でやるべきもので、何も健康や生命を犠牲にするまでの必要はありません。
一番暑い時期に家にいなければならないというのであれば、エアコンを付けるようにして欲しいです。

我が家の工夫ですが、朝晩は極力窓を開けて風を通し、扇風機を回してエアコンはつけないようにしています。
これから熱帯夜などが続くとどうなるか分かりませんが、今のところはこれでしのげています。
風呂に入ってねるまでの間は、あんまり汗をかいては不快で睡眠も浅くなるので、温度を少し上げてつけるようにしています。
それとテレビというのは、機械自体がものすごく熱を発しているので、基本的には付けないようにしています。
テレビを見る場合は、録画しているものをCMを飛ばしてさっと見て、また消すというような工夫をしています。
それだけでも朝晩は随分と過ごしやすいと思います。

もう一つ、薄着をするというのも重要で、クールビズ、スーパークールビズは励行したいですね。
私もそのうち短パンにトライしてみようと思います。
裁判所もスーパークールビズを推奨しているようですが、法廷は黒い法服を着なければならないそうで、なんだかなぁという感想を持っています。法廷が一番広く、暑いんですけれどねぇ。。。

それぞれができる範囲でやるべきこと、それが節電や省エネです。
身体に無理が来たり、必要以上に効率が悪くなるようでは本末転倒です。
照明を消すとか蛍光灯の本数を減らすといいますが、それで視力が下がったり、姿勢が悪くなって肩がこったりするリスクを考えにいれているのでしょうか。何事も物事には限度というものがあるように思います。
むしろ、電車のガンガンに冷えている冷房ですとか、地下街に無駄に寒いくらいの冷房を消したり高い温度にするという方がよっぽど意味のあることではないかと思います。

震災がきっかけではありますが、エネルギー利用について各自が考える良いきっかけになったと思い、プラスに考えていきたいですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinmeilaw.blog91.fc2.com/tb.php/486-4e44c976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)