FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog 音楽と人生の素晴らしさ~ヤング・ピープルズ・コンサート
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

音楽と人生の素晴らしさ~ヤング・ピープルズ・コンサート
昨日は佐渡裕さん指揮・ヤング・ピープルズ・コンサート2012大阪講演がありました。
佐渡裕オフィシャルファンサイト

ヤング・ピープルズ・コンサートは、バーンスタインがアメリカで始めて、後進に多大な影響を与えてきたのですが、日本でもそのまま行うことを遺族に許されて、佐渡さんが続けておられる活動です。
演奏前と休憩中に楽器を体験するコーナーを設けていて、そのフルートパートを探しておられるということで、お手伝いしてきました。

他のパートは私の半分の歳の学生さんですし、自分のところだけガラガラだったらどうしようという不安は杞憂に終わり、たくさん体験に来てくれました。30過ぎて始めたくらいの素人なので教えるだなんておこがましいのですが、慰問演奏に出向いて色々交流している経験が生きたのか、子どもさんへの接し方とか、説明には不思議と困りませんでした。

もちろん、そうは簡単に音がでないはずなんですが、少しアドバイスをするとほとんどのお子さんたちは音が出たり、出かかったり、ほんとにセンスがいいんですね。中には、全く経験がないのに、楽器を持って立った姿がきれいで、口を付けて息を吹いただけで美しい音を出す子もいて、目の前で教えていてもゾクッとするくらいでした。

楽器体験のお手伝い以外は、普通に座席についてコンサートを聴くことができて、すごい役得でした。
シエナ・ウインド・オーケストラの素晴らしい演奏は、セリフがあったり、ポーズを決めたり、観て、聴いて、楽しめるものでした。
佐渡さんが司会し、指揮をし、大活躍でしたが、印象に残る言葉がたくさんありました。

一つは、色々な楽器があって、高い音が出るパート、低い音が出るパートがあるが、それぞれ大切な役割があり、全員が同じ目的に向かって努力したときに、素晴らしい演奏につながるのだ、ということです。一人ずつが欠かせない存在で、役割があるのだということ。
もう一つ、演奏の時間は、一瞬で、二度と同じときは来ないということです。どんなに練習し、どれだけ意気込んでも、コンサートや発表会のときは一度きりです。うまくいくときばかりではないけれど、同じ時間が来ないからこそ、その瞬間を大切にし、余す処なくあじわう必要があるのだという意味でしょう。

人生でも同じ。同じ人は一人といない。同じ時は二度と来ない。
だから、どの瞬間も同じく大切、どの人も価値があり欠かせない。
当たり前だけれど、あまり意識しない、大事なことですね。

もう一つ、合奏をするには、よく他人の音を聞かないといけないと、佐渡さんはおっしゃっていました。
他人の出す音に耳を傾けられている人がどれほどいるでしょうか。
世の中をよくするのに必要不可欠で、それなのに現在多くの人たちが忘れていることではないでしょうか。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinmeilaw.blog91.fc2.com/tb.php/599-ecf40d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)