FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog July 2019受験者の方、電子メールを確認!=出題科目の流出について
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

July 2019受験者の方、電子メールを確認!=出題科目の流出について
カリフォルニア州の司法試験受験者の皆様、万一電子メールをご覧になっていなかったら今すぐチェックをするか、この投稿を見てください。
受験生に以下の電子メールが昨日(現地時間土曜日か金曜の夜くらいでしょうか)届いたようです。
弁護士会がカリフォルニア州のロースクール学長宛に間違って出題科目を知らせてしまった、ついては公平を期するために同じ内容を受験生に送る、とのことです。

(原文)

To: Applicants for the July 2019 California Bar Examination

It has come to our attention that the State Bar inadvertently provided a number of deans of law schools in California a list of the subject matter topics contained in the July 2019 California Bar Examination essay questions and performance test. Out of an abundance of caution and fairness, we are sending the same information, verbatim, to all those preparing to take the examination. The memo provided:

The subject areas and tasks for the July 2019 California Bar Examination are listed below. . . .

Question 1: Civil Procedure
Question 2: Remedies/Constitutional Law
Question 3: Criminal Law and Procedure
Question 4: Professional Responsibility
Question 5: Contracts
PT: Objective Memo – Evidence

Sincerely,
Donna S. Hershkowitz
Chief of Programs, State Bar of California

(翻訳)
2019年7月のカリフォルニア州司法試験の受験者へ

カリフォルニア州弁護士会が、カリフォルニア州のロースクールの学長多数に向けて、間違って2019年7月司法試験のエッセイ及びパフォーマンステストの出題科目を知らせてしまったことが分かりました。
注意を喚起するとともに、公平を期するために、私達は全く同じ情報、文章をすべての試験準備中の皆さんに送ります。
メモは、以下のとおりです。

「カリフォルニア州2019年7月司法試験の出題科目とタスクメモは、以下のとおりです。
第1問:民事訴訟法
第2問:救済法・憲法
第3問:刑法・刑事訴訟法
第4問:弁護士倫理
第5問:契約法
PT:客観的メモ作成・証拠法

(以上)
最初、悪質なスパム等でないかと思い、気をつけて調べましたが、複数の受験生がこのメールを受信したということでしたので、ここに掲げることにしました。
少なくとも、日本から勇気を持って受験されている皆様に、必ず情報が行き渡るように祈るばかりです。直前期はメールもSNSもチェックしない、という方もいらっしゃるので、お互いに声がけができるようなら助け合いましょう。

日本の司法試験についても数年前に試験問題の事前流出問題が発覚しましたが、カリフォルニア州では私が知る限りでも前代未聞です。特にこのタイミングでリリースするという判断は、公平性確保の観点でやむを得ないのですが、受験生にとっては直前の1日、1時間が貴重ですから、いつそれが発覚したのか、それからどれくらいの時間を検討に費やしたのか等気になることはたくさんあります。
また、当然受験生からすれば、それが果たして公平な試験を担保するといえるのか、他にも良からぬやりとりがあるのではなかろうかと疑念がたくさん湧いてくることでしょう。
カリフォルニア州弁護士会所属の弁護士としては、おそらく受験生、特に不合格者から集団訴訟が起こされるのではないか、と強く懸念をしています。

受験者の皆様は目の前の準備を整えることに集中してください。
私が同じ立場だとすれば、めちゃくちゃ焦りますけれども、他方で、出題される問題そのものではありませんから、やはりCallを確認して出題意図から離れないようにと、まずEssayやPTの取り組み方を再確認します。
その上で、各出題科目を残りの時間で復習します。Issue、特に重要なIssueは、きちんと確認します。
それから、早合点してはいけないのは、例えばCivil ProcedureとかEvidenceと言われても、Federal Ruleだけではないということです。CA properの部分もきちんと見る必要がありますし、Contractsと言われてもUCCの適用があるかどうかもわかりません。Civil proは、管轄、当事者適格、書類手続、ディスカバリー、判決の効力、上訴とカバーされる論点は山程あります。慌てず騒がず、自分の手元の資料の中で、該当科目を1回か2回くらい、見直す程度だと思います。

大半の受験生は、この情報を得ていて、少なくとも問題を前に山を張って大外ししてしまう確率は減ってくるでしょうし、それらしい回答は書けてしまうかもしれません。ただ、難易度がだから上がる、というものではなくて、結局問題文を忠実に読んで、Callをしっかりと理解し、出題意図にどこまで答えられるか、で差がつくようになるということです。
日本からの受験生の皆様は職歴があり、社会人経験がある方がほとんどでしょうから、現地のニューカマーたちよりもアドバンテージがあるはずです。成功を強く期待しています。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinmeilaw.blog91.fc2.com/tb.php/688-72dcdaab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)