FC2 Blog Ranking 前川弁護士blog July 2019 カリフォルニア州司法試験結果のリリース
FC2ブログ
前川弁護士blog
弁護士の日常を書いております
フリーエリア

Facebookのアカウントです。ファンページもあります。

プロフィール

 前川 直輝

Author: 前川 直輝
最終学歴 京都大学法学部
司法修習 54期
カリフォルニア州弁護士
Maekawa国際法律事務所・代表弁護士
https://maelaw.jp/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

July 2019 カリフォルニア州司法試験結果のリリース
日本時間の11月16日(土)午前に、2019年7月試験の合格発表がありました。
本日現在では受験者のみがサーチできる状況で、明日以降に外部に合格者がリリースされる予定です。
合格された方、誠におめでとうございます。残念な結果であった方も、まずは挑戦自体を誇りに思っていただき、次の機会で奏功するように祈念しております。

リリース内容は以下のとおりです。
State Bar of California Releases July 2019 Bar Exam Results

受験者(受験完了)7764人、合格者は3886人、受験者中50.1%の合格率で、2017年の水準に戻ったとされています。
合格率が上昇したことは、良い情報ですね。
初回受験者の合格率は64.0%、リピーターは26%で、再受験者には依然厳しい状況ですが、4人に1人なら希望は見えます。

問題は、試験直前に、間違って出題科目がカリフォルニア州のロースクールの校長宛に送信されてしまったことで、全受験生に同じ情報を知らせることになった、という前代未聞の事件があったことです。
私も驚くとともに、少しでも周知されるよう、本ブログで投稿していました。
July 2019受験者の方、電子メールを確認!=出題科目の流出について

その科目早期リリースが試験結果に重大な影響を与えたかどうかについて、分析調査をしたが、問題は認められなかったと結論付けられています。
その結論に驚きはなく(いまさら問題があったことにはならないでしょう)、そのために第三者に調査させることも想定されたことです。
ただ、くまなくみたわけではないですが、分析の仕方は採点があったあとの”数字”を過去や全国数値と比較して検討されたものでしかないのは、残念です。
早期リリースでスコアに差があったかどうかといっても、科目だけですし、試験の採点基準は各回で協議の上で設定されますから、その結果としてのスコアだけでは、影響があったといえるかどうかは決して十分な材料ではないでしょう。

受験者が問題視しているのは、公平性です。全員に同じ情報がわたったとされるわけですが、一部受験者が1日以上前に情報に接していた可能性があること(否定されているようですが、どこまで検証したのかは?)、そもそも情報に接することができずに受験した人が一定数いるはずであることが、問題です。
特に、日本から試験のためだけに渡米される受験者の皆さんの少なくない範囲の方が、直前期はネット接続をせずに集中するとおっしゃっていたのが思い出されます。PCのセキュリティ確保や、雑音に惑わされないことなどを意図してのことです。
情報に接しなくても合格する方はいるでしょうし、情報に接しても合格できないことがあります。問題は、国家資格を得る試験で、受験者の公平性が、試験出題側の問題で害される可能性が生じたということです。実際の受験者をサンプリングして、その受験者が知っていたかどうかを抽出調査することもしないで、数値だけを見ていても、この公平性は検証されないのではないでしょうか。
私が受験者のときも、直前2日、3日に本当に集中して最後の仕上げ、見直しをしており、それが試験結果に大きく影響したと思っているので、何日前の何時にその情報が見られるかどうかで、準備の質や確認の回数が大きく変わってしまうでしょう。それは公平とは思われない環境だと思えてきます。

私自身、カリフォルニア州弁護士で、調査会社に150万円くらい払ったというので、色々関心は寄せていますが、受験者の方が納得できるように説明する責任があると思います。
あとは万一に備えて、これから受験される方は、直前期であっても試験委員会からのメールを確認するようにするのが、デフォルトの作業になるでしょう。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinmeilaw.blog91.fc2.com/tb.php/691-1d74a6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)